「炭水化物抜きダイエット」は危険

炭水化物抜きダイエット」と言う言葉を聞いた方は、沢山いると思います。中には、過去にこのダイエットを実践した方

そして、今も実践している方もいると思います。

なぜ、この「炭水化物抜きダイエット」が、浸透し流行ってしまったのか・・・

その答えは・・・炭水化物を制限すると、極めて体重が簡単に落ちるから!

どうして、簡単に体重が落ちることが出来るか・・・それは、「脂肪」を作る炭水化物を多く食べないから!

炭水化物を多く食べると「脂肪」になりやすいため、炭水化物を極力食べないようにするから

簡単に体重が落ちるわけなんです。

 

では、「炭水化物抜きダイエット」が、なぜ危険なダイエットなのか?

私も詳しく知りたいと思い、インターネットでいろいろと調べました。

炭水化物は、消化吸収されて糖に変わり、体や脳の活動エネルギーとなる。

したがって、炭水化物が不足すれば、脳や体の働きに悪影響を及ぼすことになる。

具体的には、集中力が落ちて勉強や仕事の効率が悪くなる。また、筋力がおちて運動が億劫になる。

さらに、炭水化物を摂らない食事を実践しようとすると、肉や魚などのたんぱく質の摂取の割合が増えることになる。

動物性たんぱく質が増えると、胃腸などの消化器系や腎臓にも負担がかかる。

 

ここで皆さん、3大栄養素を知っていますか?「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の3栄養素です。

この3大栄養素が不足すると生命の維持が困難になります。人間が生きていくうえで

この3大栄養素が欠かせないです。この中でも特に「炭水化物」は他の栄養素よりも多く摂らなければいけない

栄養素なんです。

 

また、ここで、皆さん、「炭水化物」を多く摂らないといけないって、知ってましたか?

実は私も知らなかったです。先日、バイキングと言う番組を見ていたら、栄養素の専門の方がおっしゃってました。

「炭水化物」は、全体のうち約6割以上摂らないといけないようです。

やはり、「炭水化物」大事な栄養素で不可欠なんですね。

最近のバイキングはダイエットや健康のことなどを取り上げていて、なかなか参考になります。

興味のある方は、一度見てはいかがですか?

 

 

長々と書いてすいません・・・まだまだ書きたいことがたくさんありますが、ここで一旦終わります。

また、近いうちに続きを書きたいと思いますので、これに懲りず読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。